フッジサーン
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- |
| main | AKハント:HUM側編 >>
AKハント:AK側編

数々のプロデューサーに感化されブログを開設いたしました。
ゲームや本のことをだらだらと書き綴るブログとしてやって行きたいと思います
更新頻度は高くないでしょうがよろしくお願いします。

今日はロスコロのAKハントのAK側の立ち回りとか有効な戦法のメモ

まずAKでプレイしたときに自分がやってしまったミスと、その対策
1.ドンゴで孤立して狩り殺された
→ドンゴになった場合は味方のサポートに徹する

2.ニーガルで攻撃を受けるとやたらヒットストップがかかって自由に動けないままダメージを無駄に受けた
→ドンゴ以外でも味方は重要、まとめてプラグレに入らない程度の距離に

3.温泉からVS電磁レーザーでハメられた
→温泉には近寄らない

4.人間側に有利な場所へわざわざ出向いた
→時間切れはAKの勝利なので、AKが戦いやすい場所で待つ

各AKの立ち回りとかは続きへ

 ドンゴ(子ダンゴ)
低耐久で振り回す攻撃が無いため、一人では戦果を上げにくい
味方のクラッティス系(カマキリ)やニーガル(サソリ)にくっついてサポートするといい
ゴアクラッティスがいる場合は、ゴアクラッティスに付いていくのが一番だろう
VSがいる場合や、上から打たれている場合はまずかなわないので逃げること。
有効な戦法はステップで敵を抱え込んでの0距離回転、相手の緊急回避を見てから潰せれば確実
着地キャンセルからのショートローリング(Xボタン)

ゴドン(親ダンゴ)
基本的にはドンゴと同じだが、こちらはそんなに消極的にならなくてもいい
大きくなったためロングローリング(Yボタン)の距離が伸び、また緊急回避しても避け切れない
ドンゴと違い、アゴ延ばし攻撃(Bボタン)が追加されており、思ったよりも遠くまで届く
有効な戦法はドンゴと同じだが、闇討ちやVSを拾いに行く人間を狩るのも有効

ニーガル(サソリ)
攻撃距離範囲高さ全て優秀なAK、これといって弱点は無いが慣れないと尻尾刺しが当てられない
プレイしてて思ったが対VSがちょっときつい、攻撃の威力は尻尾刺し以外マイルドかも
急降下強襲(両トリガー同時)は下に攻撃判定があるため、アリーナの塹壕等に隠れた人間を倒せる
尻尾刺しが実は戻りきるまで攻撃判定があるので、伸ばした後も動かすと強い
有効な戦法はステップキャンセルの振り回し攻撃、後ろ振り回し攻撃

クラッティス(カマキリ)
唯一遠距離攻撃のあるAK、弱点が大きいためどこからでも弱点に攻撃を受ける
遠距離攻撃の火球はニーガルの尻尾同様慣れるまで飛んでいく位置がつかめない
体感としては思ったよりも下のほうに出る。
また、火球は見た目よりも判定が強いようなので、雪漠などで上から撃っている輩を狙撃すると結構当たる
三連続振り回しは前に進むので
有効な戦法はステップキャンセルの振り回し攻撃、後ろ振り回し攻撃

ゴアクラッティス(大カマキリ)
基本的にはクラッティスと同じだが、大きすぎるため一部の攻撃しか人間に当てられない
耐久の高さや破壊力はどのAKよりも高いので積極的に前に出て戦っていきたい
有効な戦法、というかステップから後ろ振り回しだけで戦っていける気がする

次の更新は人間側の立ち回りを書きます

ロスコロ |
スポンサーサイト
- |
TOP